小学校に乱入し8人の児童を出刃包丁で刺し殺した、附属池田小・児童殺傷事件のコピペ - 2chコピペまとめ コピペ少女
FC2ブログ









小学校に乱入し8人の児童を出刃包丁で刺し殺した、附属池田小・児童殺傷事件のコピペ

2 :名無シネマさん:2012/09/21(金) 22:18:48.06 ID:2iiFhqYf

附属池田小事件(ふぞくいけだしょうじけん)は、2001年(平成13年)6月8日に、
大阪府池田市の大阪教育大学附属池田小学校で発生した、小学生無差別殺傷事件である。

2001年6月8日10時20分頃、大阪教育大学附属池田小学校に凶器を持った男(当時37歳)が侵入し、
次々と同校の児童を襲撃した。結果、児童8名(1年生1名、2年生7名)が殺害され、
児童13名・教諭2名に傷害を負わせる惨事となった。男は、校長や別の教諭にその場で取り押さえられ、
現行犯逮捕された。甲は最後の一人を刺し終えた瞬間、凶器である出刃包丁を自ら落として、
「あーしんど!」と呟いたという。その後、男は殺人罪などで起訴された。



附属池田小・児童殺傷事件



tumblr_mddntr8bnA1rpmykuo1_400.jpg

 惨劇は突然起きた。「知らんおっちゃんが教室に入ってきた」。約15分間の無言の凶行。格闘の末、先生が男を取り押さえたが、8人の尊く幼い命が奪われた。悲鳴と泣き声で、教室はパニックとなった―。

 午前10時15分。学校では2時間目の授業が終わろうとしていた。1~2年生6クラスが並ぶ三階建て校舎の一階。北側は廊下、南側は校庭に面している。宅間容疑者(37)は通用門に車を止めた。金色に染めた髪、白いシャツに緑のネクタイ。校庭を横切り校舎東端の2年東組に包丁を持って乱入した。

 「給食の人かな」。ある男児はそう思ったが、すぐに「違う」と考え直した。出刃包丁に気付いたからだ。「『ハァ、ハァ』と息が荒かった」と別の男児。佐藤裕之教諭(36)が「外に逃げろっ」と大声を出した。悲鳴を上げ走りだす児童たち。男は無言で、逃げ惑って転んだ児童を襲った。教諭がいすを投げつけ、男は校庭側のテラスに。4人が重軽傷を負った。

 次いで隣の2年西組。包丁の赤い血の色が岩崎真季教諭(28)の目に飛び込んだ。児童が次々に刺され、8人が死傷した。

 最も多い5人が犠牲になった、その隣の2年南組。既に休み時間で、教師の姿はなかった。そこを襲われた。「馬乗りで刺したとみられる傷もあった」と治療に当たった医師。

 「包丁で刺してる」。助けを求める児童の声に、花壇に水をまいていた担任の河上洋介教諭(27)は教室に向かった。佐藤教諭と田辺義朗教諭(28)が懸命に男に追いすがるが、田辺教諭は刺され大けがをした。

 無人だった2教室を飛ばし、男は西端の1年南組へ。音楽室で授業を終え、惨劇を知らないまま児童は教室に戻ろうとしていた。男児の1人は「教室に入ると、友達が倒れ『痛い、痛い』と泣いていた」。床は血の海。「入っちゃ駄目。逃げなさい」。先生の声に夢中で飛び出した。

 背中を切られながらも、同教室内で河上教諭が包丁を持つ宅間容疑者の右手をつかんだ。顔を切られながらの格闘。矢野克巳副校長(43)が加勢し、包丁を取り上げ足を押さえつけた。10時25分ごろのこと。ふっと同容疑者の力が抜け、「しんどい、しんどい」と2回つぶやいた。凶行の間に、副校長らが耳にした同容疑者の唯一の言葉だった。

コメント

非公開コメント