オタクはロリコンの犯罪者予備軍という事実を示す、数々のキモオタ・アニオタの凶悪犯罪のコピペ - 2chコピペまとめ コピペ少女
FC2ブログ









オタクはロリコンの犯罪者予備軍という事実を示す、数々のキモオタ・アニオタの凶悪犯罪のコピペ

507:名無しさん@十周年 :2009/11/27(金) 07:42:40 ID:zD3gRW+CP [sage]

キモヲタの凶悪犯罪を忘れてはならない

・宮崎勤
4人の少女誘拐殺人と強制猥褻を起こし、さらに犯行声明を出す。
1989年3月には晴海のコミックマーケットに漫画作品を出品しているような生粋のキモヲタで
逮捕後の家宅捜索では6000本近くのビデオテープを所有していたことが判明している。

・野木巨之
小学1年の女児(当時7歳)を誘拐・レ○プし殺害。
逮捕時に自宅から押収された美少女フィギュアについて検察側に放棄を迫られ
「あの子たち(フィギュア)を処分することは、私の子供を殺すかのようなものだ」と遺族の前で号泣する。

・金川真大
土浦無差別殺傷事件。2人死亡、7人が重軽傷。
犯人はテクモ社のDOAビーチバレーの大会に出場し準優勝を獲得するような生粋のゲームオタク。
今もって反省の色なく「死刑にならなかったらあと2、3人殺す」などと法廷でオタク丸出しの発言を行う。

・加藤智大
秋葉原無差別殺人事件。7人死亡、10人が重軽傷。
ミリオタで車オタク、東方Projectなどの大ファン、
同僚もアキバ系ロリコンオタクと証言するガチのキモヲタ。
ネットでモテない相談を優しく聞いてもらってるうちに相手に心開きかけるが、
相談相手が彼氏持ちの女だったと判明しブチきれ発狂し事件に至る。

・星島貴徳
江東OLバラバラ殺人事件。元SEGA勤務でエロゲヲタ。
四肢欠損(アンピュティ)マニアで、ふたば・ちゃんねるなどにイラストを投稿し
2005年前後にコミックマーケットに「サークル欠損志向」という
サークル名で参加し18禁同人誌も発行していた。

・藤田竜一&田中邦彦
栃木県黒磯小2児誘拐事件。無職アニヲタ兼エロゲヲタ。
「Kanon」の二次創作活動を行い、コミックマーケットにも参加していた。
親しい友人に「今度、小学女児を狙おうかな」とも漏らしていた。

・小林泰剛
北海道・東京連続少女監禁事件。
テニスの王子様のコスプレを行い女性調教系のゲーム約千本所持。
キモヲタ犯罪者には珍しくイケメンだったが整形と発覚。通称・監禁王子。

・小林薫
奈良小1女児誘拐殺害事件。
容疑者の自宅からは少女ポルノのビデオ80~100本や雑誌、
それに盗んだものと見られる女児の下着や衣類が約80枚、
及びダッチワイフが押収されている。
2ちゃんねるのCCさくら板にあったとされる、さくらタンを水槽に閉じ込めるスレ・
さくらタンを抜歯するスレ、に影響を受けて犯行を行う。
実際に遺体は強制的にフェラチオをさせるために歯が抜かれていた。

・名前不詳(18歳少年)
岡山駅ホーム突き落とし事件。
「人を殺して死刑になりたい」という身勝手な動機で人を突き落として、
電車に轢かせて男性を死亡させた事件。
犯人の少年は元いじめられっ子、アスペルガー症候群。そしてオタクだった。
少年の自宅からは「ひぐらしのなく頃に」「DEATH NOTE」などのコミックが押収されている。

・名前不詳(16歳少女)
京田辺父親殺害事件。
警察官の父親を斧で殺害した後「父親が首を切って自殺した」という虚偽の通報を自ら行う。
残虐ゲーム「ひぐらしのなく頃に」のファンで、美術系専修学校生。
警官が現場に到着したときはゴスロリファッションに身を包み返り血を浴び自己陶酔していた。
逮捕後「17歳の誕生日までに殺したかった」などと
オタク臭く芝居がかった供述をしているが動機は不明。

・藤原武
倉敷女児監禁事件
小学5年生の女児を監禁した事件
少女アニメのポスターを床と天井と壁にまんべんなく貼っていた。

・名前不詳(18歳少年)
川崎市中1男子生徒殺害事件
13歳の中学1年生の少年をリンチ・斬首して殺害。
知人が「犯人の少年と話すならラブライブしかなかった」と証言。
被害少年との共通の話題もアニメだった。


439fd8c6.jpg


コメント

非公開コメント