高知大学の探検部5人で洞窟に行き、地底湖に1人を置き去りにして帰った岡山地底湖行方不明事件のコピペ - 2chコピペまとめ コピペ少女
FC2ブログ









高知大学の探検部5人で洞窟に行き、地底湖に1人を置き去りにして帰った岡山地底湖行方不明事件のコピペ

1: [―{}@{}@{}-] 風吹けば名無し 2013/02/21(木) 04:47:43.60 ID:5A/pJ9fQ

平成20年1月5日、岡山県新見市にある鍾乳洞「日咩坂鐘乳穴(ひめさかたちあな)」に
入っていた高知大学3年で学術探検部所属の名倉祐樹さん(当時21歳)が、
洞窟内の地底湖を遊泳中に行方不明になった。

5日午後6時15分ごろ、岡山県新見市豊永赤馬の洞穴「日咩坂(ひめさか)鍾乳穴
(かなちあな)」(奥行き約1600メートル)の奥にある地底湖(深さ約32メー
トル)で遊泳していた高知大学3年生の男子学生(21)が行方不明になった、と
一緒に洞穴を訪れていた仲間から110番通報があった。県警新見署員ら約30人が
捜索を続けたが、学生は見つかっていないという。

同署や新見市消防本部などの調べでは、学生は大学の洞窟(どうくつ)探検サークル
に入っており、学生や社会人など近県から集まった計13人で新見市を訪れていた。
不明の男子学生は、計5人で午前11時半ごろから洞穴に入り、午後2時半ごろ、
着衣のまま遊泳している最中、行方がわからなくなったという。

新見市教育委員会によると、この洞穴は県の天然記念物に指定されており、洞穴に
入るには同市教委への届け出が必要なのに、学生らは届け出ていなかったという。



岡山地底湖行方不明事件



a6095ef422c9ef1f03567a2b3e105cf8_400.jpg


不可解な出来事

・入洞届を提出してない

・5人いたのに地底湖で泳いだ(泳がされた)のは被害者の1人だけ

・溺れるところを誰も目撃してない

・溺れた時の状況説明がニュースソースによってコロコロ変わる

・「タッチした」という声は聞こえたのに助けを求める声などは一切聞こえなかった

・救助活動を行わず現場に誰も残さないまま全員帰ってきた

・「探検に必要な装備は備わっていた」と強調

・遭難事故では隊長が記者会見するのが普通だが、逃げ回って記者会見をしない

・探検部のページから「部長 白米美帆」「副部長 伊藤智子」の名前を真っ先に削除

・探検部は女性が多く(男15:女10)、部内で恋愛やトラブルが起きやすい状況

・いつもは行き過ぎた報道合戦を行うマスコミが今回は部員に全く取材を行わない

・被害者の知人を名乗る人物が高知大学のリモートホストから2ちゃんに削除依頼

・被害者のmixiに勝手にログインしてプロフィールを改竄し
 両親にとって大切な思い出となるはずの日記を全て削除

コメント

非公開コメント