【ミユキ カアイソウ カアイソウ】行方不明の3年後に怪文書が届いた、加茂前ゆきちゃん行方不明事件 - 2chコピペまとめ コピペ少女
FC2ブログ









【ミユキ カアイソウ カアイソウ】行方不明の3年後に怪文書が届いた、加茂前ゆきちゃん行方不明事件

1991年3月15日、三重県四日市市富田在住の加茂前芳行さんの三女・ゆきちゃん(当時8歳)が、
この日の夕方、自宅から突然姿を消した。

板金工場で夜勤をしていた芳行さんはいつも夕方6時に家を出て翌朝帰宅する生活、
妻の市子さんも当時パートに出ていた。当時小学2年生のゆきちゃんはこの日、
午後2時頃に友達と別れ、家に帰ってきた。芳行さんがぐっすり眠っている時間である。
普段からゆきちゃんは父親を起こさないように、家に帰ると物音をたてなかったので
芳行さんは帰宅にきづかなかった。

午後2時半には市子さんがパート先から自宅に電話を入れ、
この時ゆきちゃんが電話に出ている。その後、小学6年生の次女が帰ってきたとき、
ゆきちゃんの姿はなく、テーブルに上にはまだ暖かいココアが残されていた。
ゆきちゃんはココアが好きで、よく自分で作って飲んでいたという。

 午後4時頃、芳行さんが起きてきたが、ゆきちゃんがいないことにはさして気に留めなかった。
いつも帰宅してから友達と待ち合わせて、遊びに行くことが多かったからだ。
やがて長女や市子さんも帰宅してくるが、ゆきちゃんは夜になっても戻ってこなかった。
午後8時には警察に連絡し、家族や小学校の教師らと捜索したが見つからなかった。



加茂前ゆきちゃん行方不明事件


75_0544d6a4f2cb59c6d2b026144aef6ae6.jpg

事件から3年後、「加茂前秀行様」という間違った宛名(実際は芳行さん)で、
一家に怪文書が届く。非常に不気味な文書だったが、詳しい内容はよくわからなかった

怪文書内容


【1枚目】  

ミゆキサンにツイテ
   
ミユキ カアイソウ カアイソウ

おっカアモアカアイソウ お父もカアイソウ

コンナコとヲシタノハ トミダノ股割レ

トオモイマス

股ワレハ 富田デ生レテ 学こうヲデテ

シュンガノオモテノハンタイノ、

パーラポウニツトめた

イつノ日か世帯ヲ持チ、ナンネンカシテ

裏口ニ立ツヨウニナッタ

イまハー ケータショーノチカクデ

四ツアシヲアヤツツテイル

***

ツギニ

ス丶”カケのケヲ蹴落シテ、荷の向側のトコロ

アヤメ一ッパイノ部ヤデ コーヒーヲ飲ミナ

ガラ、ユキチヲニギラセタ、ニギッタノハ

アサヤントオもう。

ヒル間カラ テルホニハイッテ 股を大きく

ワッテ 家ノ裏口ヲ忘レテ シガミツイ

タ。 モウ股割レハ人ヲコえて 一匹のメス

にナッテイタ。

感激ノアマリアサヤンノイフトオリニ動い


【2枚目】

タ。 ソレガ大きな事件トハシラズニ、又カム

チャッカノハクセツノ冷タサニシラズニ、ケッカハ

ミユキヲハッカンジゴクニオトシタノデアル

モウ春、三回迎エタコトニナル

サカイノ クスリヤの居たトコロデハナイカ

トオモウ

ダッタン海キョウヲ テフがコエタ、コンナ

平和希求トハチガウ

ミユキノハ丶ガカ弱イハネヲバタバタ

ヒラヒラ サシテ ワガ子ヲサガシテ、広い

ダッタンノ海ヲワタッテイルノデアル

股割れは平気なそぶり

時ニハ駅のカンバンニ眼ヲナガス

コトモアル、一片の良心ガアル、罪悪ヲ

カンズルニヂカイナイ

ソレヲ忘レタイタメニ股を割ってクレル

オスヲ探しツヅケルマイニチ


【3枚目】

股ワレワ ダレカ、ソレハ富田で生レタ

コトハマチガイナイ

キナガニ、トオマワシニカンサツスルコト

事件ガ大キイノデ、決シテ

イソグテバナイトオモウ。

○ ヤツザキニモシテヤリタイ

股割レ。ダ。ミユキガカアイソウ

○ 我ガ股ヲ割ルトキハ命ガケ

コレガ人ダ コノトキガ女ノ一番

トホトイトキダ

コメント

非公開コメント