やめて!2次エロ画像のセリフを妄想する気でしょう? エロ同人みたいに!
FC2ブログ









灰原哀「ちょっと工藤君、ヌーディストビーチで勃起するのはマナー違反よ。」

灰原哀「ちょっと工藤君、ヌーディストビーチで勃起するのはマナー違反よ。」江戸川コナン「バーロー、こんだけ裸の女の子がいて我慢できるわけねぇーだろ。」灰原哀「こっちをちらちら見るのも止めてくれる。見たければ堂々と見ればいいじゃない。お互い裸なんだから。」江戸川コナン「べ、別に見てねーよ。子供の裸に興味なんかないっつーの。」灰原哀「素直じゃないわね、ロリコンの名探偵さん。」...

毛利蘭「ほらコナン君、もっとこっちに来て。頭洗ってあげるから。」

毛利蘭「ほらコナン君、もっとこっちに来て。頭洗ってあげるから。」江戸川コナン「い、いいよ自分で洗えるから。」毛利蘭「もう、恥ずかしがらなくてもいいのよ。子供の裸なんて見ても何とも思わないから。」江戸川コナン「バーロー、こっちが興奮しちまうんだよ。」毛利蘭「ん?何か言った?」江戸川コナン「ううん、何でもなーい。」...

ドラえもん「のび太くん、安心してしずかちゃんのオマンコを見ていいよ。」

ドラえもん「のび太くん、安心してしずかちゃんのおまんこを見ていいよ。この道具で一切しゃべれないから、周りにバレる心配はないよ。」源静香「ん~!!」野比のび太「まあまあ、しずかちゃんそんなに嫌がらないでよ。ちょっと女の子の大事な部分を見せてもらうだけだからさ。へぇー女の子のここってこんな風になってたのか。」ドラえもん「ごめんね、しずかちゃん。のび太くんの性教育のためなんだ。少しばかり我慢してね。」源...

野比のび太「あっ、また間違えてしずかちゃん家のお風呂場に出ちゃった。」

野比のび太「あっ、また間違えてしずかちゃん家のお風呂場に出ちゃった。」源静香「のび太さん。そうやってどこでもドアでお風呂場に入ってくるの     もう、いい加減にやめてくれないかしら。」野比のび太「あれっ、しずかちゃんいつもと反応違くない?いつもはキャー、のび太さんのエッチ!とか言って大声で叫ぶのに。」源静香「これだけ繰り返されれば、嫌でも慣れるわよ。」野比のび太「じゃ、じゃあじっくり見させてもら...

神楽「どうしたアルカ新八、お風呂入るんだから早く服脱ぐネ。」

神楽「どうしたアルカ新八、お風呂入るんだから早く服脱ぐネ。」志村新八「確かにお風呂に入るとは言ったけど、流石に一緒はマズいでしょ!何普通に裸になってるの!!」神楽「一つ屋根の下に一緒に暮らしてるんだから、お風呂くらい一緒で問題ないヨ。」志村新八「その、神楽ちゃんは僕に裸を見られても恥ずかしくないの?」神楽「別に気にならないアル。パピーともいつも一緒に入ってたヨ。」...

ナミ「サンジ君、もしかして初めて?そんなに緊張しなくてもいいのよ。」

ナミ「サンジ君、もしかして初めて?そんなに緊張しなくてもいいのよ。」サンジ「ごめん、ナミさんの裸があまりに刺激的過ぎて。」ナミ「普段あんな調子なのに意外と初心なのね。安心して、もらった金額分はきちんとサービスしてあげるから。」...

遠山和葉「ごめんな、平次。私平蔵おじさんなしではいられない体になってしもたんや。」

服部平次「親父!俺の和葉に何さらしとんのじゃ~!」遠山和葉「ごめんな、平次。私、平蔵おじさんなしではいられない体になってしもたんや。」服部平蔵「和葉を責めたらあかんで。お前一度も和葉に手出さんかったそうやないか。       セックスレスのカップルが長続きするわけないやろ。」服部平次「絶対に許さんからな。この落とし前絶対つけさせてもらうで。」服部平蔵「まぁそういらいらせんと、そこで見て楽しんどけや...

阿笠博士「なっ、新一すごいじゃろ。ここから哀君の入っとる風呂場が丸見えなんじゃ。」

阿笠博士「なっ、新一すごいじゃろ。ここから哀君の入っとる風呂場が丸見えなんじゃ。」江戸川コナン「何だよ、博士。俺には覗くなって言っておいて一人で楽しんでたのかよ。」阿笠博士「我慢できなくなってついつい、覗き穴を作ってしまってな。」江戸川コナン「ナイスだぜ博士。全部丸見えなベストな位置に穴を開けたな。」阿笠博士「あまり大きな声を出すなよ新一。哀君に気付かれてしまう。」江戸川コナン「わかってるよ。そん...

毛利蘭「えっ、新一?今は開けちゃダメー!!!」

工藤新一「おーい、蘭入るぞー。」毛利蘭「えっ、新一?今は開けちゃダメー!!!」工藤新一「あっ、着替えの最中だったか悪い悪い。それにしても蘭、お前胸大きくなったなー。」毛利蘭「ちょっと、何落ち着いて見てるのよ。早く出て行ってよ。」工藤新一「なんだよ、昔はよく一緒に風呂に入っただろ。」毛利蘭「いつの話をしてるのよ。いいからさっさと出てって。いい加減怒るわよ。」工藤新一「はいはい、わかりましたよ。」毛利...

アスカ「シンジ、私のこと好き?」

アスカ「ねぇシンジ、私のこと好き?」碇シンジ「うん、もちろんだよ。」アスカ「ファーストよりも?」碇シンジ「えっ!それは…」アスカ「もう、バカシンジ、そこは嘘でも一番好きだって言っときなさいよ。」...

江戸川コナン「和葉姉ちゃん着やせするタイプなんだね、思ってたよりずっとおっぱい大きいや。」

江戸川コナン「和葉姉ちゃん着やせするタイプなんだね、思ってたよりずっとおっぱい大きいや。」遠山和葉「コナン君、約束通り触らせてあげたんやから、あの動画ちゃんと消してくれなあかんよ。」江戸川コナン「大丈夫、僕は約束は守るよ。でも、あんなに激しくオナニーしてるなんて、だいぶ欲求不満みたいだね。」遠山和葉「そ、そんなことあれへんよ。あのときはたまたま…。」江戸川コナン「平次兄ちゃん、かなり奥手だからね。...

吉田歩美「えっ!?光彦君と哀ちゃん、二人とも裸で何やってるの?」

吉田歩美「えっ!?光彦君と哀ちゃん、二人とも裸で何やってるの?」円谷光彦「あ、いや、これはその。違うんです。」灰原哀「えーん、円谷君が無理やり私の服を脱がせて。」吉田歩美「ひどい!光彦君サイテー。」円谷光彦「灰原さん、それはないですよ。灰原さんのほうから誘ってきたのに…。」吉田歩美「待ってて哀ちゃん。すぐに先生を呼んでくるから。」円谷光彦「ちょ、ちょっと、待ってください。」 灰原哀「じゃっ、先生た...

毛利蘭「お父さん、もうこんなこと終わりにして。今も、お母さんのこと愛してるんでしょう。」

毛利蘭「お父さん、もうこんなこと終わりにして。今も、お母さんのこと愛してるんでしょう。」毛利小五郎「英理のことは好きだが、あいつはもう年だからな。若いお前とやるのとは全然違う。」毛利蘭「でも、親子でこんなことするのは絶対間違ってるわ。」毛利小五郎「まぁ、そう言うな。新一には黙っててやるから。これからもたまに相手してくれよ。」毛利蘭「そ、そんな。」...

タツマキ「あんっ、このハゲ、なんて速さで舐めるのよ!」

タツマキ「あんっ、このハゲ、なんて速さで舐めるのよ!」フブキ「我慢してよお姉ちゃん、勝負に負けた私たちが悪いんだから。」タツマキ「わかってるわよ、でもこんな…無理だわ。」フブキ「ちょっとサイタマ、まだイかないの?」サイタマ「うーん、まだ全然だな。」ジェノス「流石は先生、この程度の女たちでは全く興奮しないんですね。」...

フブキ「サイタマ、この私にここまでさせたんだから、約束通りフブキ組の一員になってもらうわよ。」

フブキ「サイタマ、この私にここまでさせたんだから、約束通りフブキ組の一員になってもらうわよ。」サイタマ「フブキの指示通り怪人を倒せばいいんだろ?」フブキ「ちょっと!私のことはフブキ様と呼びなさい。」サイタマ「わかったから、フブキ様、今はこっちに集中させてくれよ。」...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。